耳について


人の耳は3つの部分で構成されています。

外耳

外耳は、耳介とも呼ばれる外から見える部分と外耳道で構成されています。 私たちが「雑音」と呼んでいるものは、実際には空気を伝わる「音波」に過ぎません。 耳介で集められた音波は外耳道を通り、鼓膜に到達します。 鼓膜は柔軟性のある円形の薄膜で、音波が当たると振動します。

中耳

中耳は、空気で満たされた空間で、鼓膜によって外耳と分けられています。 中耳には、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の3つの小さな骨があり、 これらを総称して耳小骨と言います。 耳小骨は鼓膜から内耳に音を伝える架け橋の役割をします。 耳小骨は、鼓膜の動きに呼応して振動することで音を増幅し、卵円窓(前庭窓)から内耳に音を伝達します。

内耳

内耳は、形がカタツムリの殻に似ているため、蝸牛とも呼ばれています。 蝸牛の中は膜でいくつかの区画に仕切られ、リンパ液で満たされています。 蝸牛から卵円窓(前庭窓)に音が伝えられると、リンパ液が動いて、内耳内の有毛細胞と呼ばれる微小な聴覚神経細胞を刺激します。 これらの有毛細胞が聴覚神経を通じて電気インパルスを脳に送ると、音として解釈されます。